目ヂカラを強くするためには顔全体のパーツが重要

目ヂカラを強くするためには顔全体のパーツが重要

目ヂカラを強く見せるために重要なパーツは、顔全体にあります。もちろん目元の印象は大切ですが、アイメイクばかり濃くすればよいわけでもありません。

顔全体にバランスよくメイクすることで、目ヂカラを一層引き出せます。ここでは、特に意識しておきたい眉毛や鼻筋、頬のメイクのポイントを紹介します。

目ヂカラは顔全体のパーツで決まる!

目ヂカラを強くするためには、言わずもがな目の印象は大切です。しかし、それだけではありません。顔全体と目のバランスを意識することで、目ヂカラが存分に発揮されます。

目の周りだけで目ヂカラは決まらない

目ヂカラの強さを決める要素は、目の周りのパーツ以外にもあります。

例えば、まつげを長くしたり、二重の幅を広くしたりすることは、目ヂカラを強くするために欠かせません。かといって、一重の人は目ヂカラがないかというと、そうでもありません。このことから、目ヂカラを強くするために重要なパーツは、まつげやまぶたといった目の周りのパーツに留まらないことがわかります。

メイクのバランスが重要

メイクをするときは、眉毛や鼻筋、頬など、顔全体のバランスを重視することが大切です。

どんなにアイメイクを濃くしても、ほかのパーツのメイクとバランスが悪ければ台無しです。しっかりと際立たせる部分と、薄めのメイクにするところでメリハリをつけましょう。

目ヂカラを引き出すパーツごとのメイク

目ヂカラを引き立てるために、顔全体のパーツでどのようなメイクをしていけばよいのかを見ていきましょう。眉毛、鼻筋、頬のメイクについて説明します。

眉毛のメイクのポイント

まず、眉毛のメイクです。目ヂカラを強くしたいのであれば、あまり細い眉毛はやめておきましょう。近ごろの流行としても、ナチュラルで太めの眉毛が好まれます。

眉毛を少し太めにしっかりと書くことで、目元がはっきりと際立ちます。これは、目と眉の間が狭く見えるので、のっぺりとした印象を払拭できるからです。日本人はもともと、外国人よりも目と眉のすき間が広いので、くっきりとした眉毛で埋めることは重要です。

鼻筋のメイクのポイント

次に、鼻筋あたりのメイクについてです。ノーズシャドウをしっかりと入れて鼻筋の陰影を作れば、ホリの深い顔立ちに見えます。鼻が高く見えるので、必然的に立体感が生まれます。

これにより、アイメイクもより映えるので、目ヂカラが強くなるでしょう。加えて、眉毛の下に少し暗めのブラウンで影を作れば、さらにホリの深い顔に見せられます。

頬のメイクのポイント

最後に、頬のメイクは、やりすぎないことが肝心です。ピンクや赤のチークを濃く入れてしまうと、そちらばかりが印象的になり、目ヂカラが半減します。

せっかくアイメイクで目ヂカラを際立てたなら、チークは薄めにしましょう。オレンジ系のチークは、自然と肌の色に馴染むのでおすすめです。また、ピンクや赤のチークでも、グラデーションカラーになっているものなら、濃くなりすぎないのでよいでしょう。

さらに目を大きく見せたいなら、顔全体を小さく見せるために、シェーディングを使いましょう。顎のラインを細く見せることで、相対的に目が大きく見えるようになります。

まとめ

目ヂカラを強くするために重要なパーツは、目の周りだけではありません。目の大きさやまつげの長さももちろん重要ですが、顔のバランスも意識する必要があります。

眉毛や鼻筋、頬のメイクを工夫して、目ヂカラを際立たせましょう。眉毛は太めに書き、鼻筋はノーズシャドウを使ってホリの深い顔立ちを演出します。チークは濃くしすぎず、肌に自然に馴染む色を選びましょう。さらに、シェーディングで小顔に見せれば、目の割合が大きく見えるようになります。

目ヂカラを引き出したいなら、アイメイクだけに集中せずに、顔全体を意識しましょう。