ルミガン

まつげが伸びすぎるルミガンとは

緑内障の点眼薬であるルミガンは、まつげ美容液としても知られています。緑内障を治療している患者に、まつげが伸びるという副効用が見られたので、まつげ美容液と同じように使われてきました。

そのため、まつげにコンプレックスを抱えている女性が使うことも少なくありません。とはいえ、医薬品であるため、一般的なまつげ美容液とは異なります。正確には「まつげ育毛剤」と呼ばれる成分で、副作用などのリスクも把握する必要があります。

ルミガンは、まつげを伸ばすために使うなら、海外から輸入するのが主流です。個人で輸入すると安く手に入ります。

ルミガンを通販で購入したい場合はこちらをチェック>>

ルミガンがまつげに使われる理由

ルミガンは、本来は緑内障の点眼薬であり、まつげ美容液として使うのは適切な使用法とはいえません

しかし、ルミガンに含まれる有効成分は、日本でも睫毛貧毛症(しょうもうひんもうしょう)の治療薬として認められています。睫毛貧毛症とは、まつげが短い、細い、薄いといった症状です。

日本で処方されるまつげ育毛剤「グラッシュビスタ」とルミガンは同じ成分です。現在では、インターネット通販などでルミガンの購入が可能なので、ルミガンの方が気軽に安く入手できます

国内のまつげ育毛剤と同じく、「まつげ伸びすぎ!」と言えるほどの変化が見られるよ♪

ルミガンでまつげ育毛するリスクを知る

ルミガンでまつげを伸ばせるとはいえ、使い方を間違えることで、トラブルが起こる恐れもあります。ルミガンを使うリスクについて、自分でしっかりと把握しておくことが大切です。

また、ルミガンでまつげを伸ばしていくなら、目に異常がないか、定期的に医師に診断してもらいましょう。これらは、安心して使うために大切なことです。

ルミガンはまつげ美容液と違い、医薬品であるということを肝に銘じておきましょう

ルミガンをまつげに使うなら輸入

ルミガンをまつげ育毛に使う方法としては、海外からの輸入がメジャーです。海外から輸入すると料金も安く済むので、自由に欲しい分だけ買えるというメリットがあります

国内でまつげ育毛のためにルミガンを買おうとすると、高い費用がかかります。海外のルミガンを使えば継続しやすく、長いまつげを保てるのです。

まつげが伸びすぎるほどの効果を発揮してくれるのは、多くの女性にとって非常に喜ばしいことですよね。目をぱっちりとした印象にするためには、美しいまつげが必要となるのは動かしがたい事実です。

まとめ

まつげが短くて困っている人、まつげが薄くてコンプレックスに感じている人は、ルミガンで改善できます。ルミガンを塗ることで、まつげが豊かになったことを多くの人が実感しているのです。

しかし、元は緑内障の治療薬であり、医薬品だということを忘れてはなりません。副作用のリスクもあるので、自身でしっかりと理解しておきましょう。

市販のまつげ美容液とは別物なので、適切に使用することが重要です。眼病などの疑いがある人は、治療を必ず優先してください。

ルミガンをまつげに使う場合、個人で輸入するのがメジャーな方法です。値段が安いことに加え、まとめ買いもできます。ルミガンの使い方や副作用がしっかりと理解できたら、まつげ育毛剤として輸入してみてもよいでしょう