目元のしわを消すためには保湿と食生活の見直しが重要

目元のしわを消すためには保湿と食生活の見直しが重要

目元のしわは、見た目の年齢に大きく影響してしまいます。目元の表皮は特に薄くてデリケートなので、潤いをキープするのが困難です。そのため、目元のしわが悩みの種になっている人は多いでしょう。

目元は、化粧水や乳液でしっかりとケアする必要があります。また、食生活を見直し、しわの改善によい栄養素をとることも意識しましょう。

目元にしわができやすい理由

目元は皮脂腺が少なく、皮膚が薄いので、乾燥しやすい部位です。この特性から、一度潤いを失うと取り戻すのが難しく、他の部位と比べてしわができやすくなっています

現代ではパソコンやスマートフォンの画面を見る機会が多く、瞬きの回数が増加し、しわができやすいとも言われています。また、特に目が悪い人は、無意識に顔をしかめて文字を読むといった行為をしているために、しわが作られてしまいます。

目元のしわを予防するためには、肌に潤いをしっかりと補給し、目を酷使しないことが重要です。

目元のしわを消すスキンケア

目元のしわを消すためには、表皮の水分を補うことが大切です。しかし、ただ水分を与えても蒸発してしまうので、クリームなどでフタをすることも忘れてはいけません。このように、水分を補って保湿することが、目元のしわを消す重要なカギとなります。

化粧水の使い方

表皮に潤いをしっかりと与えるためには、化粧水を吸収しなくなるまで浸透させることが重要です。

化粧水をつける際は、手のひらや指で押さえこむようにして浸透させましょう。パチパチと叩くと肌にとって刺激が強いので、ゆっくりと押さえてください。1分から2分の間隔をあけて化粧水を与えていくと、3回から4回目には吸収しなくなるので、そこで水分の補給は終わります。

乳液やクリームでフタをする

化粧水で肌に水分を与えたら、水分が逃げないよう、乳液や保湿クリームなどでフタをします。なかでも、目尻は特に乾燥しやすく、しわもできやすい部分です。そのため、目尻にはクリームを重ね塗りするとよいでしょう。

乳液やクリームでフタをしなければ、せっかく肌に与えた水分はどんどん蒸発します。そうなってしまっては意味がないので、化粧水に加えて、乳液かクリームの使用は必須です。

潤いを与えつつキープするために、目元用のパックを使う手もあります。

シートタイプやクリームタイプがあり、集中的に目元のしわをケアできます。

目元のしわには食生活の改善も重要

目元のしわを消したければ、スキンケアと同時に、食生活を見直すことも忘れてはいけません。

タンパク質を摂取すると、表皮の繊維を作るための土台になります。ビタミンCには抗酸化作用があり、コラーゲンを活発に生成するために必要です。さらに、ビタミンEを摂取すると、血液の循環がよくなり、お肌にも栄養が行き届きやすくなます。

このように、食事で摂取する栄養にも気を付け、体内からしわを改善していくことも心がけましょう。

まとめ

目元は皮膚が薄く、皮脂腺も少ないため、すぐに乾燥してしわができやすい部位です。目が悪い人は特に目を酷使しがちなので、注意が必要です。

目元のしわを解消するためには、化粧水や乳液、クリームでしっかりとケアしましょう。化粧水だけでは蒸発してしまうため、乳液やクリームでフタをするのがポイントです。

最後に、食生活を見直し、肌によい栄養をとることも意識してみてください。