目元パックでシワやたるみを改善!針付きのシートパックもある

目元パックでシワやたるみを改善!針付きのシートパックもある

目元用のパックには、さまざまな種類があります。よく使われているのはシートタイプのパックです。目の下に貼ることで、たるみやシワをケアします。

ここでは、目元パックにはどのような成分が含まれるのか、詳しく解説します。目元パックを選ぶときのポイント見ていきましょう。

目元パックとは

目元パックには、いくつかの種類があり、代表的なものはシートタイプです。

目元をパックすることにより、シワやたるみなどを改善できます。目元の皮膚は、全身の皮膚と比べても非常に薄いので、水分が失われて乾燥しやすい部位です。そのため、目元のパックで集中的に保湿する必要があるでしょう。

シートタイプの目元パックは多種多様です。多くの製品は、目の下にフィットするよう、カーブした楕円のような形です。含まれる成分もさまざまで、目元のクマやくすみを解消して、ハリ・潤いを取り戻すことに特化しています。

目元パックの成分

目元パックには、保湿成分がとても豊富に含まれています。目元専用のパックのなかでは、マイクロニードル付きのシートパックが人気です。

保湿成分が豊富

目元用のシートパックには、主にヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタエキスが含まれています。これは、目元を保湿し、シワ・たるみを防ぐためです。そのほか、植物由来のオイルなど、とにかく保湿成分が豊富に配合されています。

注目はマイクロニードル

単なるシートパックよりも効果の高いものを探しているなら、シートに針がついている商品を選びましょう。針と言っても、縫い針のようなものを肌に刺すわけではありません。パックについている針は「マイクロニードル」と呼ばれており、とても小さな突起です。

目元パックのマイクロニードルは、ヒアルロン酸からできています。肌に貼るとヒアルロン酸が浸透し、針は無くなります。針状になっている理由は、肌の奥まで効率よく成分が届くからです。注射が苦手な人でも、痛みはないので心配する必要はありません。

目元パック選びのポイント

目元用のパックは、目の周りのたるみやシワなどが特に気になる人におすすめです。パックに含まれる成分を見て、自身に合ったものを選びましょう。クリームタイプもあり、シートを貼って待つのが面倒な人には最適です。

目元トラブルが特に気になる人向け

目元のたるみやシワ、くすみが特に気になる人は、専用のパックを使うとよいでしょう。

顔全体にシートパックを使っている人なら、目元用のシートパックをわざわざ買う必要はありません。しかし、目元は皮膚が薄く、トラブルが起こりやすい部位です。目元を重点的にケアしたい人には、マイクロニードル付きのシートタイプがおすすめです。

成分を見て選ぶ

目元パックの種類により、含まれる成分も異なります。自身の気になるポイントに効くパックを選びましょう。

シワが気になるなら、保湿成分が豊富なものを選ぶべきです。くすみが気になるなら、美白に特化した目元パックを選びましょう。

クリームタイプのパックもあり

目元パックにはクリームタイプもあります。シートを貼って待つのが面倒なら、夜塗って翌朝流すタイプのパックがおすすめです。アイクリームも目元のケアに適しているので、自身が使いやすい方を選びましょう。

まとめ

目元パックで主な商品はシートタイプです。目元は加齢によるトラブルが起こりやすい部位なので、そのケアに特化したパックが販売されています。主に保湿成分が含まれており、ヒアルロン酸でできたマイクロニードル付きのパックも人気です。

顔用のパックを普段から使っているなら、わざわざ目元用を買う必要はあまりありません。目元のシワやたるみが特に気になる人は、専用のパック使ってみるとよいでしょう。成分などを見て、自身の悩みに合ったパックを選んでみてください。