まつげ育毛の基礎2

まつげに塗るティントがある!自然にまつげを染める

ティントと言えばリップ用の商品に多くありますが、まつげに塗るティントも密かに流行りはじめています。

では、なぜまつげにもティントを使うのか、どのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。さらに、市販で買えるまつげティントについて詳しく紹介。また、まつげティントはサロンでも施術してもらえます。

ルミガンを通販で購入したい場合はこちらをチェック>>

まつげティントとは

まつげティントとは、まつげを黒く染めてくれるアイテムです。色が落ちにくく、通常のマスカラよりも自然な仕上がりを実現できます。

まつげはパッと見では黒く見えますが、誰しもが真っ黒なわけではありません。少しグレーっぽかったり、茶色っぽかったりします。もちろんそれが悪いことではないのですが、まつげの色が濃い方が、目やまぶたとのコントラストがはっきりします

市販のまつげティント

まつげティントを販売しているメーカーは、まだそんなに多くありません。すぐに購入できるのは、2018年8月に発売されたマジョリカマジョルカの「ラッシュティント」です。


ラッシュティントの特徴は、ブラックとクリアブルーで2層に分かれた液が混ざり、ネイビーのような色合いになることです。ブラックの層は、ティントのカラー効果を持っています。クリアブルーの層が担うのは、つやパック成分によるまつげケアの役割です。この2層が混ざることで、透明感のある発色になります。

また、繊維も含まれているため、カラー効果に加えて長さも十分に出せる商品です。

マジョマジョのラッシュティントはウォータープルーフだから、パンダ目になる心配もないよ!

サロンでまつげティント

まつげティントを施してくれるサロンも、少数ながらあります

例えば、もともとまつげの色素が薄い人は、ティントで染めてからエクステを付けるといった使用法です。まつげエクステを付けても根元の自まつげが1mmほど見えるので、色の差があると目立ちます。それを解消する手段として、まつげティントを施します。

そのほかの活用法としては、まつげティントとパーマを同時に施術する方法です。こうすることで、自まつげがよりハッキリと際立ちます。まつげエクステよりも自まつげ派の人は、ティントとパーマを施してくれるサロンを探してみましょう。

まとめ

まつげティントはまだあまり浸透していませんが、マジョリカマジョルカの商品なら手軽に購入できます。また、サロンでも取り扱っている場合があるので、気になる人は近場で探してみましょう。

毎年さまざまなメイクが流行り、メイク用品もどんどん増えていきます。普通のマスカラに飽きた人は、まつげティントに挑戦してみてください。