まつげが短い原因は遺伝かも?改善する方法を知ろう

まつげが短い原因は遺伝かも?改善する方法を知ろう

長いまつげに憧れを抱いている女性は多いでしょう。しかし、「自分は生まれつきまつげが短いからどうしようもない」と諦めてしまう人もいるかもしれません。

確かに、生まれつきのコンプレックスを解消するのは大変ですが、まつげを伸ばす方法はあります。まつげが短い原因と、まつげを伸ばす方法を見ていきましょう。

まつげが短い原因

まつげが短い主な原因は、遺伝や老化です。生まれつき短いことに悩んでいるなら、遺伝が原因でしょう。歳をとって短くなってきたなと感じるなら、老化が原因だと考えられます。

遺伝

まつげが生まれつき短いなら、遺伝が原因でしょう。

両親からどんな特徴を受け継ぐかは、その特徴が優性遺伝か劣性遺伝かで異なります。子に性質が出やすいのが優性遺伝、子に性質が出にくいのが劣性遺伝です。

まつげに関しては、長い方が優性遺伝です。そのため、両親のどちらかが長いまつげを持っていれば、子供のまつげも長くなる可能性が高いと言えます。

とはいえ、親のまつげが長いからといって、絶対に子供のまつげも長くなるわけではありません。劣性遺伝である短いまつげになってしまう可能性もあります。また、両親ともにまつげが短いなら、子供のまつげも短くなるでしょう。

老化

まつげが短い原因には、老化も挙げられます。

30代、40代と歳を重ねると、まつげのハリやコシが失われていきます。これは、お肌や髪の毛と同じことです。まつげは範囲が狭いから気付きにくいだけで、ほかの部位と同じように老化します。

まつげは日々生え変わっていますが、歳をとると毛を作る細胞が衰えてきます。そのため、強いまつげが生み出されず、切れ毛や抜け毛が増えるのです。長く伸びたまつげが切れ、成長しきらずに抜ける毛まで出てくると、短いまつげしか残りません。こうして、老化によってまつげが短くなってしまいます。

短いまつげを伸ばす方法

短いまつげを伸ばすおすすめの方法が、まつげ育毛剤を使うことです。まつげが短い原因が遺伝でも老化でも、まつげ育毛剤なら改善できます。

まつげ育毛剤は、まつげの長さや太さを改善するための医薬品です。病院へ行けば、グラッシュビスタという薬剤を処方してもらえます。そのほか、ルミガンやケアプロストといった薬剤を海外から輸入し、まつげ育毛に使っている人も多くいます。

まつげ育毛剤は、「ある程度は生えそろっているけど短い」という人なら、効果が出やすいでしょう。もちろん、「誰でも絶対にまつげが伸びる」とは言い切れませんが、試してみる価値は大いにあります。

まとめ

まつげが短い主な原因は、遺伝や老化です。両親のまつげが短いと、子供のまつげも短くなります。また、全身の細胞が衰えるにつれて、まつげも衰えていきます。年齢を重ねれば、まつげが短くなるのも自然なことです。

まつげが短いままで諦めたくない人は、まつげ育毛剤を使いましょう。原因が遺伝でも老化でも、まつげを長く伸ばしてくれます。「誰でも絶対に効く!」は言い切れませんが、悩んでいる人は一度試してみてください。