弱ったまつげを復活させる習慣

弱ったまつげを復活させる習慣

まつげは歳を重ねると弱ってくるため、きちんとケアをして復活させる必要があります。まつげが弱った状態で放置しておくと、メイクの仕上がりも悪くなるため、ケアは重要です。

このページでは、まつげを復活させる方法を紹介します。クレンジングやまつげ美容液、メイク道具の使い方などに触れていきます。

まつげの復活が必要になる理由

年齢を重ねてくると、自まつげのハリやコシがなくなり、メイクの仕上がりにも影響が出ます。そのため、まつげのケアを怠らず、しっかりと復活させる必要があります。

メイクや加齢でまつげは弱る

目元は乾燥しやすく、ダメージが蓄積しやすい場所であると言われています。特に女性は毎日メイクをしているため、自まつげへのダメージが大きく、ハリやコシが失われやすい状態です。

また、メイクだけでなく、加齢が原因でまつげが弱ってしまうこともあります。まつげも髪の毛と同じように、年齢を重ねるごとに細くなり、ボリュームもなくなってしまうのです。

まつげのスタイリングが決まらない

まつげのハリやコシがなくなると弾力もなくなるため、メイクがやりにくい状態になります。そのため、弱ったまつげを放っておかずに、しっかりとケアをして復活させなければなりません。

ビューラーを使ってもまつげが上がりにくくなり、せっかく上げたまつげもすぐに下がります。また、まつげが上がりにくいからと言って、ビューラーを繰り返し使用した場合、ダメージがさらに大きくなってしまうのです。

まつげを復活させる方法

まつげを復活させるためには、毎日のケアが欠かせません。まずは、クレンジングのやり方やメイク道具の使い方を見直してみてください。まつげ美容液でケアすることに加えて、日々の生活習慣を整えることも大切です。

クレンジングが重要

まつげを元気に復活させるためには、クレンジングでメイクを綺麗に落とすことが必須です。

メイクをした日は、丁寧にクレンジングをしましょう。メイクが残ったままだと肌トラブルの原因になります。また、クレンジングの時に肌を強く擦ることも、まつげが抜ける原因です。

肌は強い刺激を受けると、水分と皮脂のバランスが崩れ、バリア機能が低下してしまいます。まつげが生えている土台は皮膚なので、お肌を丁寧にケアしていくことは、まつげにとっても大切です。どんなに疲れているときでも、しっかりメイクを落とすことを心がけましょう。

まつげ美容液で復活

まつげにハリとコシがなくなった場合、まつげ美容液を使えば復活が早まります。

まつげ美容液は、髪の毛で言うトリートメントと同じ役割です。まつげに必要な美容成分を届けてくれるため、元気で健康なまつげを取り戻すためのサポートをしてくれます。

クレンジングや洗顔をしたあとは、髪の毛に例えるとシャンプーをしただけの状態です。汚れを落とすことももちろん重要ですが、そのままでは髪がパサついてしまいますよね。そのため、専用の美容液でまつげをトリートメントすることも必要なのです。

最近ではさまざまなまつげ美容液が登場しているため、それぞれの特徴を比較して選んでみましょう。

メイク道具の使い方を見直し

まつげにハリやコシを与えるためには、メイク道具の使い方を見直すことも重要です。

ビューラーのゴムが劣化していると、まつげの負担は大きくなります。ビューラーに毛が挟まり、そのまま抜けてしまうこともあるのです。ビューラーのゴムは定期的に付け替えましょう。また、ビューラーを使うときは、まつげを強く引っ張りすぎないよう意識してください。

生活習慣の見直し

まつげを復活させるためには、生活習慣の見直しも必要です。

丁寧にクレンジングしたり、美容液でケアしたりするのは、表面的な対処法です。しかし、まつげは体の中で細胞として作られ、体外に伸びてきます。そのため、表面的なケアだけやっていればOKということはありません。

まつげの成長に欠かせないのは十分な睡眠です。夜しっかりと寝ることで、成長ホルモンが分泌されます。加えて、バランスのよい食生活を心がけ、十分な栄養をとることも大切です。

まとめ

まつげは年齢を重ねるごとに弱っていき、それを放っておくとメイクを綺麗に仕上げることが困難になります。そのため、まつげを復活させるためにケアすることが大切です。

まつげを復活させる方法はいくつかあります。どれかひとつだけ実践するのではなく、一連のケアと考えて行いましょう。

まず、寝る前はクレンジングでしっかりとメイクを落とし、まつげ美容液でトリートメントします。メイクをする際は、ビューラーで負担をかけすぎないように注意してください。

また、一見すると関係なさそうな生活習慣も、実はまつげの成長と深く関わっています。まつげを復活させるためには、良質な睡眠をとることを心がけましょう。