まつげが下向きでも悩まない!”すだれまつげ”でオシャレにメイク

まつげが下向きでも悩まない!”すだれまつげ”でオシャレにメイク

まつげが下向きに生えていて、メイクでもなかなか上向きにできないと悩んでいる人は多くいると思います。日本人は特にまつげが下向きの人が多いと言われているので、悩む人が多いのも当然でしょう。

しかし、まつげが下向きのままでも、それを活かした可愛いメイク法があります。ここでは、下向きのまつげの良さを引き出すメイク法について、詳しく解説していきます。

まつげが下向きになりやすい人

一重まぶたの人、まつげが長すぎる人は、まつげが下向きになりがちです。

なぜなら、一重まぶたの人は、まぶたの脂肪が二重の人よりも多く、まつげが押さえつけれるからです。また、まつげが長すぎる人は、毛自体の重みで下向き加減になります。特に、日本人は欧米人などと比べて、まつげのカールが緩やかな人が多いと言われています。

まつげが下向きに生えている人は、コンプレックスだと思っているかもしれません。しかし、まつげが下向きのまま良さを引き出す方法もあるので、あまり悩まなくても大丈夫です。

下向きまつげの良さを引き出す方法

下向きのまつげの良さを引き出してくれるのが、「すだれまつげ」というメイク法です。ビューラーを使わず、あえて下向きのまま仕上げることで、ミステリアスで優しげな印象になります。自まつげに優しく、メイクの手間も減るのでメリットだらけです。ただし、まつげがしっかりと上向きに生えている人には向いていません。

すだれまつげでコンプレックス解消

「すだれまつげ」と呼ばれるメイクなら、まつげが下向きだというコンプレックスを解消できます。

まつげが下向きなことに悩み、毎日がんばって上向きにメイクしている人もいるでしょう。しかし、まつげが上向きでパッチリとした瞳だけが可愛いとは決まっていません。

上まつげが下向きに生えていると、影ができて伏し目がちになります。すだれまつげのメイクでは、その特徴をあえて活かし、ミステリアスな雰囲気を作ります。浴衣との相性も良く、アンニュイな感じをほどよく演出できることがメリットです。

すだれまつげの特徴

すだれまつげの特徴は、ビューラーを使わないことです。無理やりまつげを上げずに、ナチュラルな向きのまま仕上げます。

まつげを上向きにすると明るい印象になりますが、すだれまつげはクールでいて優しげな印象です。下向きのまつげにも、こういった魅力があります。

すだれまつげのメリット

すだれまつげならビューラーを使わないので、まつげへの負担が少なく、メイクの手間も省けます

ビューラーで下向きのまつげを無理やり上へ向けると、毛にはかなりの負担がかかっています。この負担でまつげが抜けやすくなっているため、すだれまつげメイクは自まつげに優しい方法です。さらに、ビューラーをする時間を短縮でき、メイクの面倒な手間が減ることも大きなメリットです。

すだれまつげに向かない人

元からまつげが上向きに生えている人には、すだれまつげメイクは向いていません。

上向きのまつげをわざわざ下に向けるのは大変です。元から上向きにまつげが生えている人は、それを活かしたメイクをしましょう。すだれまつげが似合うのは、あくまで最初からまつげが下向きの人のみです。

下向きの「すれだまつげ」の作り方

すだれまつげの作り方は難しくありません。いくつかのポイントだけ押さえておきましょう。すだれまつげを作るために必要なものは、まつげ用のコームとマスカラだけです。

コームで梳かす

まずは、コームでまつげの根元から毛先に向かって梳かします。すだれまつげにするなら、まつげの上側からコームを入れて梳かすとよいでしょう。上向きに梳かすのではなく、あえて下向きになるように梳かしていきます。

マスカラの塗り方

コームで梳かしたら、次にマスカラを塗ります。マスカラを大量に塗りすぎると、ナチュラルさがなくなるのでNGです。

また、上向きに塗るのではなく、毛の流れに沿って塗ってください。まつげの上側からマスカラを塗ると、すだれっぽい下向きに仕上がります。

ダマをとる

マスカラを塗り終わったら、最後にもう一度コームでダマをとりましょう。ダマが残っていると、綺麗なすだれに仕上がりません。ダマで汚く見えると残念なので、丁寧に仕上げてください。

まとめ

まつげが下向きになりがちな人は、一重まぶたの人、まつげが長すぎる人などです。しかし、下向きのまつげを活かした「すだれまつげ」というオシャレなメイクがあるので、悩むことはありません。

すだれまつげのメイクでは、下向きのまつげを活かして、あえてビューラーを使いません。自まつげへの負担が軽減されることに加え、メイクの手間も減るので一石二鳥です。

すだれまつげの作り方は簡単で、まつげ用コームとマスカラさえあればできます。自分の特徴を活かして、可愛くメイクしましょう。