まつげのカールはなにで作る?ビューラーとパーマを比較

まつげのカールはなにで作る?ビューラーとパーマを比較

まつげをカールさせる方法は、いまや多様にあります。定番はビューラーでカールさせる方法でしょう。最近ではホットビューラーもあります。また、まつげパーマでカールをキープさせる方法も人気です。

しかし、まつげに負担をかけすぎると、まつげが切れたり抜けたりする原因になります。できるだけ負担が少なく、まつげのカールをキープできる方法を選びたいですよね。ここでは、ビューラーやパーマのメリット・デメリットを見ていきましょう。

ビューラーでまつげのカールを作る

ビューラーは大きく分けて2種類です。通常のビューラーとホットビューラー、どちらにもメリットとデメリットがあるので、順番にチェックしてみてください。

通常のビューラーのメリット・デメリット

通常のビューラーのメリットは、安くて手軽に使えることです。しかし、まつげのカールは作りにくく、必要以上に負担をかけてしまうケースがあります。

ビューラーは安くて簡単

まず、ビューラーのメリットは安くて手軽なことです。薬局ですぐに手に入り、安い商品なら500円ほどで買えます。使い方も簡単で、自宅ですぐにまつげのカールを作れるのがポイントです。

初めてのメイクでまつげのカールを作るなら、定番のビューラーを使ってみましょう。

まつげがカールしにくい

通常のビューラーだけでは、まつげが思ったようにカールしない場合もあります。そこでビューラーで強くはさんだり引っ張ったりすると、まつげが抜けてしまうのがデメリットです。カールを作るときは、まつげを優しくはさんで上に向け、引っ張らないようにしましょう。

メイク直しのたびにビューラーをするのはおすすめできません。また、ビューラーのゴムが劣化してきたら、こまめに変えてください。

ホットビューラーのメリット・デメリット

ホットビューラーは熱を加える分、通常のビューラーよりもカールが長持ちします。しかし、扱いに慣れるまでが少し大変で、皮膚のやけどなどに注意が必要です。

ホットビューラーはカール長持ち

ホットビューラーの場合は、通常のビューラーよりもカールが長持ちするのがメリットです。まつげを熱で温められるので、髪の毛のコテと同じ原理で綺麗なカールを作れます。

1日に何度もまつげを上げ直している人なら、ホットビューラーに挑戦してみてもよいでしょう。ビューラーで繰り返しまつげを引っ張るよりは、ホットビューラーで一発でカールを作った方が負担は少ないと考えられます。

使い方が難しい

ホットビューラーのデメリットは、扱い方が少し難しいことです。

ビューラーの温度は60℃から80℃ほどとなかなか熱いので、まぶたや眼球に誤って触れてしまうと大変です。さらに、熱を与えすぎることで、まつげが切れるケースもあります。

初めて使うときは、しっかりと説明書を読んだり、ホットビューラーを使い慣れた友人に教えてもらったりしましょう。

まつげパーマでカールを作る

まつげパーマを1回あてれば、数週間はカールが持続するため楽ちんです。しかし、その分費用がかさむため、毎回サロンへ通うのは厳しいかもしれません。

カールの持続力がすごい

まつげパーマのメリットは、カールのキープ力が圧倒的に高いことです。パーマをかければ、3週間から4週間ほどはビューラーが不要になります。

このため、引っ張ったり熱を与えたりといったダメージは無くなります。メイクのときに毎日まつげのカールを作る必要もなくなるので、手間の無さも随一です。

費用が高い

まつげパーマの場合、毎回サロンで施術を受ける費用の高さがデメリットです。セルフパーマをマスターすれば費用は抑えられますが、万が一失敗したときに危険なので、できることならサロンへ通った方がよいでしょう。

また、パーマの液によっても、まつげは大きなダメージを受けてしまいます。ビューラーが不要とはいえ、ダメージをゼロにはできません

まとめ

このように、まつげのカールを作る方法はいろいろありますが、どれも一長一短です。

カールのキープ力や手軽さを加味すると、最もおすすめできるのはホットビューラーです。通常のビューラーは手軽な反面、あまり綺麗なカールが作れず、まつげに強い負担をかけます。まつげパーマは日々のメイクが楽になる分、サロンへ通う費用と手間が大きい方法です。

カールを作るためには、まつげへのダメージは避けられません。いくつかの方法から、できるだけまつげへの負担が少なく、美しいカールを作れる手段を選びましょう。