綺麗に落ちる!まつげのクレンジング方法

綺麗に落ちる!まつげのクレンジング方法

まつげにマスカラを塗ると、クレンジングが大変ですよね。メイクをするときは、できるだけまつげを長くして下がってこないようにするので、マスカラもたっぷり塗ることでしょう。特に二度塗りしたマスカラだと、クレンジングで綺麗に落とすのは困難です。

このページでは、まつげのクレンジング方法について紹介します。まつげのクレンジングでは、マスカラリムーバーやアイメイクリムーバーが活躍します。また、マスカラを選ぶときも、クレンジングで落ちやすいものにしましょう。

まつげクレンジングの選び方

まつげをクレンジングするとき、選択肢はいくつかあります。よく使われているのはオイルタイプのクレンジングです。まつげのメイクだけが特に落ちにくいなら、マスカラリムーバーを使いましょう。目元のメイク全体が濃いなら、アイメイクリムーバーを使うのが最適です。

オイルタイプでさっぱり落とす

まつげをクレンジングする際は、クレンジングオイルを使って優しく丁寧に落とすことが大事です。

オイルタイプのクレンジングにも、さまざまな種類があります。お値段との相談にもなりますが、できるだけ肌に優しいものがよいでしょう。おすすめは、油脂系や天然オイルのクレンジングです。

ただ、洗浄力の強すぎるクレンジング剤は肌に負担をかけます。マスカラが落ちにくい場合は、以下で説明するマスカラリムーバーやアイメイクリムーバーを利用しましょう。

専用のマスカラリムーバー

特に落ちにくいマスカラを使っている人には、専用のマスカラリムーバーをおすすめします。

マスカラリムーバーは、まつげ専用のクレンジングです。マスカラと同じような形で、コームでまつげに液を塗ります。メイク落としの際、最初に顔を濡らしてしまう前に、マスカラリムーバーを塗っておきましょう。そして、いつものクレンジングと馴染ませながらメイクを落とします。

マスカラリムーバーを使えば、顔全体に洗浄力の強いクレンジングを使う必要はありません。まつげをピンポイントで狙えるので、マスカラの洗い残しもなくなります。

アイメイクリムーバーを使う

マスカラだけでなく、アイシャドウやアイライン、眉マスカラなども濃くしている人には、アイメイクリムーバーがおすすめです。

マスカラリムーバーは、まつげに限ったメイク落としです。それに対して、アイメイクリムーバーならもう少し広範囲をカバーできます。目元のメイクが全体的に濃いのであれば、マスカラリムーバーではなくアイメイクリムーバーを使いましょう。

アイメイクリムーバーは、コットンに染み込ませて使うものが一般的です。水やジェルのようなテクスチャーのクレンジング剤があり、それをコットンに染み込ませて目元を拭き取ります。また、すでにシートに液が浸されているシートタイプなら、手軽にアイメイクを落とせて便利です。

落ちやすいマスカラでまつげのクレンジングが楽に

まつげのクレンジングをする方法はさまざまですが、最初から落としやすいマスカラを使うのもひとつの手です。

最近では、日中は落ちにくく、お湯で洗えばスルスル落ちるフィルムタイプのマスカラが多くあります。こういったマスカラを選んでおけば、クレンジングがとっても楽になりますよ。ぬるま湯の温度で落ちるので、涙が流れてしまってもほとんど落ちません。そのため、「パンダ目になるのでは?」といった心配もないのです。

このように、メイク落としの種類に気を使うだけでなく、マスカラの種類を変えてクレンジングを楽にする方法もあります。

まとめ

毎日のメイクをきちんと落としきることは、健全なお肌とまつげを保つためにとても重要です。まつげの部分だけをとって気にする人は少ないように思いますが、マスカラも綺麗に落とさなければなりません。

そのためには、マスカラリムーバーやアイメイクリムーバーを使う必要があります。洗浄力の強いクレンジングは肌に負担をかけるので、メイクが濃いポイントだけをしっかり落とすようにしましょう。

加えて、マスカラの選び方にも気を付けましょう。フィルムタイプのマスカラなら、お湯で簡単に落とせます。クレンジングの際にまつげや肌の負担を減らせるよう、メイク用品を選ぶときも意識してみてください。