魅力的な目は”眠そうな目”!ポイントを紹介

魅力的な目は”眠そうな目”!ポイントを紹介

「女性の魅力的な目」と言えば、色々なイメージがあると思います。クリクリと丸い大きな目、切れ長な目、うるうるとした濡れ感のある目など、どれも魅力的な目の象徴です。どのイメージも正解と言えますが、今回は最近の流行である「眠そうな目」について紹介します。

目元を可愛くするためには、「とにかくパッチリと大きく見せることが大切だ」というのが一般的でした。しかし、近年では、「眠くてけだるそうな目が魅力的」という考え方もあるのです。では、どうすれば魅力的で眠そうな目を作れるのか、メイクのポイントを見ていきましょう。

魅力的な目を作るアイシャドウ

眠そうな目を作るためには、アイシャドウのカラーをピンク系にします。

ビビッドなピンクではポップな印象になってしまうので、色味に気を付けましょう。眠そうなメイクをするなら、サーモンピンクやグレー味のあるピンクがおすすめです。涙袋には、パールの入った濡れ感のある白・シルバーなどを使います。全体をピンクにすると腫れぼったくなるので、バランスを見ながら色を足してください。

魅力的な目のアイラインの引き方

次に、アイラインを使ってタレ目を作っていきましょう。タレ目に見せるポイントは、目尻のアイラインの形です。

ラインの目尻を跳ね上げると、強めの印象を与えてしまいます。目尻のラインは、上まぶたに沿って2mmほど下にはみ出して引くと、タレ目を作れます。

さらに優しい印象にしたいなら、ブラックのアイライナーではなく、ブラウンやボルドーのものを使いましょう。少し眠そうでけだるげな印象を与えられます。

魅力的な目のマスカラの塗り方

マスカラを塗るときのポイントは、ビューラーを使わないことです。

ビューラーを使うとまつげが上がってクリクリした目に見えますが、眠そうな目のメイクには向きません。まつげを上げないことで、少し目に影ができて、けだるそうな印象になります。マスカラはブラックかブラウンを選び、しっかりと塗りましょう。

魅力的な目のカラコン

最後に紹介するのは、眠そうな目に合うカラコンの選び方です。

眠そうで魅力的な目にするためには、薄いブラウン系のカラーを選びましょう。フチなしで目に馴染むものを選べば、優しい印象になります。フチがあるカラコンは、目がくっきりしすぎるので避けてください。淡いブラウンの目は、ナチュラルで優しく、守りたくなる女性を演出してくれます。

まとめ

魅力的な目の新しい定義である「眠そうな目」を作るには、紹介したメイクのポイントを意識すれば完璧です。アイシャドウのカラーやアイラインの引き方、マスカラの塗り方を押さえておきましょう。カラコンはフチなしの淡い色を選んでください。

普段のメイクを少しチェンジするだけでも、優しい印象になれるのでおすすめです。メイクにトレンドを取り入れながら、自分の魅力を最大限に引き出してくださいね。